自宅 歯 ホワイトニング 口コミ

そもそも歯が黄ばんでしまうのはナゼ?

 

 

 

歯の健康には気を付けていて毎日きちんと磨いている、それなのに何となく汚れている気がすると感じたことはありませんか。どんなに歯を磨いても生活習慣や加齢によってある程度の黄ばみは避けることができないのが現実なのです。

 

そんな歯の黄ばみを引き起こす原因、具体的にどんなものが存在するのでしょうか。

 

 

飲食物による着色

 

歯磨き粉のCMでもよく聞くことがあるかと思いますが、赤ワインやコーヒー、紅茶や烏龍茶、そしてチョコレートやココアなど、ポリフェノールやカテキン、タンニンといった成分を持つ飲料や食材を摂ると歯に黄ばみなどの着色汚れが付きやすくなります。

 

その他にもカレーやケチャップ、ソースなど色の濃いもの、一部香辛料なども歯の着色汚れが付きやすい食材です。

 

 

喫煙による着色

 

タバコを吸っていると歯にヤニが付着し黄ばみにつながります。ヤニの正体はタールなのですが、このタールはとても着色力が強く、最初は黄色味を帯びた汚れが付き、さらに汚れが溜まると黒い汚れに見た目が変化していきます。喫煙は歯を直接タールにさらす行為なので、高確率で黄ばみが起きてしまいます。

 

その他にも加齢によるエナメル質の摩耗、虫歯、元々の歯の質などが黄ばみの原因としてあげられます。

 

歯の白さは誰にとっても大切なものであるため、現在では原因別に様々なホワイトニング方法が確立されています。

 

 

 

自宅でホワイトニングは可能なの?

 

 

 

歯のホワイトニングにはいくつかの方法があり、比較的簡単なものから専門家によるものまで様々なものが存在します。

 

歯の表面にあるエナメル質の比較的深い部分やさらに奥である象牙質の色の変化には、過酸化水素水や光触媒とLEDライトなどを使用した専門家によるホワイトニングが必要になります。

 

しかし色の濃い食物やタバコのヤニなど歯の表面についた着色汚れは自宅でケアすることもできるようになってきました。

 

一番手軽な方法としてあげられるのが市販のホワイトニング歯磨き粉を使用することです。

 

歯磨き粉に含まれる研磨剤で汚れを削り取って落としていきます。比較的きれいに汚れが落ちる方法ですが、研磨する力が強すぎて汚れだけでなく歯そのものを傷つけてしまう恐れもあるため注意が必要です。

 

次にあげられるのが歯の消しゴムを使う方法です。掃除の際に頑固なこびりつきなどをメラミンスポンジで落としたという経験を持つ方は多いかと思いますが、それを歯の汚れ落としにアレンジしたものとイメージするとわかりやすいかと思います。

 

この方法も汚れを削って落とすため、研磨力が強すぎたり磨くときに力を入れすぎたりすると歯を傷める恐れがあります。

 

きれいに汚れを落とせるものの、歯にダメージを与えるこれら研磨剤によるホワイトニング方法は、気をつけなければ後々虫歯等の原因にもなり得ますが、最近ではこれとは違う方式で安全に汚れを落とすホワイトニング剤が開発されるようになりました。

 

汚れを削るのではなく浮き上がらせて歯から剥がすという画期的な製品が続々発売されているのです。

 

 

 

自宅でできるホワイトニング、口コミ評価が高い製品はコレ!

 

プレミアムブラントゥース

 

 

 

多くの歯科関係者から支持され、複数の人気女性雑誌でも取り上げられて話題となっているホワイトニング剤がプレミアムブラントゥースです。

 

歯に付着した汚れを包み込んで剥がすため、研磨剤のように歯の表面に傷をつける心配がありません。また汚れが落ちた後に再び汚れが付着しないよう歯を守る働きも持っています。その他にも虫歯や口臭の予防、口のねばつき解消にも効果を発揮します。

 

配合されている成分はココナッツオイルや茶カテキン、ウーロン茶エキス、パパインなど植物由来のものばかりなので、お口の健康に敏感な方でも安心して使用することができます。

 

 

 

 

ビースマイル

 

 

 

歯を優しくホワイトニングしてくれるだけでなく、虫歯予防や歯肉炎・歯周病の予防、口臭の予防に効果を発揮するのが薬用ホワイトニングのビースマイルです。

 

その評判は非常に高く、有名女性雑誌でも取り上げられた他、2017年のモンドセレクションも受賞しています。

 

歯の表面の汚れに吸着し包み込むように除去するアミノ酸の一種、ポリアスパラギン酸Naや歯の汚れを落とすだけでなく再付着を防いでくれるリンゴ酸、そして歯と歯茎の健康を保つビタミンCを配合し、歯を白くするだけでなく口の中の健康をトータルにケアすることができます。

 

ステビアやキシリトール、そしてメントールを配合したことにより爽やかな使い心地となっていることも人気の秘密です。

 

 

 

 

リリーホワイト

 

 

 

予防歯科の先進国である北欧のスウェーデンで生まれたホワイトニング剤、それがリリーホワイトです。

 

いつもの歯磨きの後に使用し、ブラッシングをすれば白い歯が取り戻せる他、歯や歯茎の健康にも効果を発揮します。

 

歯の汚れを落とし再付着を防ぐポリリン酸ナトリウムに加え、歯周病菌を抑えるイソプロピルメチルフェノールや歯茎の血行を促進するビタミンE酢酸エステル、口臭や歯周炎に効果を発揮するグリチルリチン酸ジカリウムを配合し、白い歯と口の中の健康の両方をサポートしてくれます。

 

 

 

まとめ|特におすすめのホワイトニング剤と言ったら?

 

口コミで評判の高いホワイトニング剤はどれも研磨剤を配合しておらず、歯にダメージを与えることなく汚れを落とす効果が期待できる製品です。

 

しかもホワイトニングだけでなく歯茎の健康や口臭予防などにも効果を発揮するものばかりなので、どれを選んでも歯と歯茎の改善が相当に見込めます。

 

そうはいっても市販の歯磨き粉に比べて高価なのがこれらホワイトニング剤です。全て試すのはコスト的に厳しいと思われるかもしれません。

 

そこであえて一つ選ぶとするならプレミアムブラントゥースをあげます。

 

どのホワイトニング剤も配合成分にはこだわりのものばかりを採用していますが、プレミアムブラントゥースには歯と歯茎、そして口内全体の健康を考えた植物成分が多数配合されています。

 

ホワイトニングはもちろん、その周りのケアも優しく行えると意味でプレミアムブラントゥースが最適といえるのです。

 

成分や使い心地によって好みや効果の出方が変わってくることが考えられますが、プレミアムブラントゥースはすでに多くの方から支持を得ている製品であり、きっと満足のいく効果が得られることでしょう。